テレサ・ルーが初優勝! 比嘉、一ノ瀬は3位タイ

ParOn.(パーオン) / 2013年11月10日 16時39分

日米のツアーで初優勝を果たしたテレサ・ルー ミズノクラシック(2013)(最終日) 写真・村上航

ミズノクラシック(11月8~10日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72)

 最終日が行われ、首位と2打差の6アンダー6位タイでスタートしたテレサ・ルーが、9バーディ1ボギーの64でラウンドし、通算14アンダーで初優勝を飾った。2打差の2位には今日66の6アンダーで回ったシェラ・チョイ、さらに2打差の3位タイには、2日目終了時に首位タイだった比嘉真美子と一ノ瀬優希が入った。

 テレサ・ルーは、前半を3バーディ1ボギーで終えると、後半は11番から4連続バーディでシェラ・チョイをかわして単独トップに。16番でシェラ・チョイがバーディを取り一瞬並んだものの、17番、18番と連続バーディで突き放した。

 通算9アンダーの5位タイに前日首位タイだった大山志保、吉田弓美子、通算8アンダーの7位に藤本麻子。賞金ランキングトップの森田理香子は77と崩れ通算1オーバーの44位タイ、賞金ランキング2位の横峯さくらは通算4アンダーの17位タイに終わった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング