終盤戦に強いイ ボミが虎視眈々と2連覇狙う

ParOn.(パーオン) / 2013年11月14日 17時15分

今週もイ ボミの“スマイル・キャンディ”がはじけるか!? 伊藤園レディスゴルフトーナメント(2013)(事前情報) 写真・佐々木啓

伊藤園レディスゴルフトーナメント(11月15~17日、千葉県・グレートアイランドC、6639ヤード、パー72)

 今季は後半戦に2勝しているイ ボミが、昨年に続く2連覇へ向け意欲満々だ。今週はディフェンディングチャンピオンとして臨む大会だけに、いいイメージが残っていると話す。

「昨年優勝した大会だけに、いい印象はあります。今週はコンディションもすごくいいので、2連覇を目指していきたい。ただ、優勝することばかり考えていると、足元をすくわれるので、コースをどのように攻めていくかをしっかりイメージして明日の試合に臨みたい」

 先々週の樋口久子 森永製菓ウイダーレディスでは15アンダーと大会レコードを更新しての圧勝だったが、これについても、

「このときも優勝することを考えてプレーしていたわけでなく、自分のプレーに徹してスコアを伸ばしていこうと考えていたので、そうした心構えで今週もプレーしていきたい」

 と笑顔を見せる。

 現在賞金ランキング8位のイ ボミ。トップの森田理香子との賞金額の差は約3500万円もあるが、まだ逆転女王の可能性も残されている。逆転へ向けた最低条件は二つ。一つ目は、今週の伊藤園レディス終了時の1位との差を4300万円以内にすること。二つ目は、残り3試合(伊藤園レディス、大王製紙エリエールレディスオープン、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)で1勝することだ。

 かなり厳しい条件だが、昨年は伊藤園レディスとLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで優勝し、最終的に賞金ランキングを一気に2位まで押し上げているだけに、その可能性も捨てられない。

「正直、賞金女王への道は厳しいと思いますが、いい形でシーズンを締めくくるためにも、残りの試合に全力を尽くします」

 2連覇達成に向け、明日の初日からスタートダッシュをかけられるか。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング