H・ステンソンが首位浮上! R・マキロイも好位置に

ParOn.(パーオン) / 2013年11月16日 9時28分

2日目に8アンダーの好スコアをたたき出し、首位に立ったヘンリク・ステンソン DPワールドツアー選手権ドバイ(2013)(2日目) 写真・Getty Images

DPワールドツアー選手権ドバイ(11月14~17日、アラブ首長国連邦・ドバイ ジュメイラ・ゴルフエステーツ、7675ヤード、パー72)

 欧州ツアー2013年シーズンの最終戦2日目、フェデックスカップ王者のヘンリク・ステンソンが、この日8バーディ、ノーボギーの64、ベストスコアタイでラウンドし、首位に浮上した。ステンソンは前半3番からの連続バーディでペースをつかむと、安定したゴルフで着実にスコアを縮めていき、欧州ツアー賞金王にまた一歩近づいた。

 1打差の2位には初日トップのアレサンドロ・カニザレス。4打差の3位タイにはマーカス・フレーザーと、前週のトルコオープンを勝ったビクター・デュビッソンがつけている。

 また、ジャスティン・ローズはイアン・ポールターらと共に7アンダーの5位タイ。逆転賞金王を狙うロリー・マキロイは6アンダーの9位タイと好位置につけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング