【コメント集】宮里美香 来年は米本土で勝ちたい

ParOn.(パーオン) / 2013年11月25日 10時57分

日本女子オープンの1勝が大きかったと語る宮里美香 CMEグループタイトルホルダーズ(2013)(最終日) 写真・Getty Images

CMEグループタイトルホルダーズ(11月21~24日、米国フロリダ州・ティブロンGC、6540ヤード・パー72)

宮里美香 3バーディ、5ボギー、1ダブルボギー 76 通算1アンダー 29位タイ
「昨日まではすごくいいプレーをしていた。でも今日伸ばさないと私の中では意味がないと思っていた。その中でズルズルと落としてしまった。気持ちの立て直しはできたつもりですけど、なんとかバーディも取れた。でも歯がゆい気持ちです。去年に比べて今年はさらに充実していた1年。序盤は本当に苦しんだ時期もあった。ドライバーですごく悩んだ時期もあった。今はすごくいいドライバーを手にすることができたので最高の武器になると思っている。やっぱり優勝争いが少なかったし、トップテンも去年に比べて少ない。いろんな意味で悔しさがたくさんある。日本女子オープンに勝つことができたけれどアメリカでは勝てていない。来年はもっともっと上位争いをして2、3勝したいという気持ちが強いです。来年の目標はメジャーで勝つことです。(メジャーが)5つになって、エビアンで悔しい思いもした。その悔しさを来年、晴らしていきたい。オフの間、ひそかに練習してきます。キャディさんも代えたというのが自分の中でも違う1歩。これからが楽しみ。いろんなことが駆け巡って。日本女子オープンで勝てたのは大きかった。あれに勝っていなかったら自分の道が分からなくなったかもしれない。ショットに関してはすぐに修正できる段階。あとはいかに爆発できるかです。来年はアメリカ本土の試合が増えた。アメリカ本土で勝ちたいですね」

上原彩子1バーディ、2ボギー 73 通算3アンダー 25位タイ
「最終日にオーバーで終わってしまうのは本当に残念ですし、だんだんと上げていかないと順位も落ちてしまうので、粘りたかったんですけど、残念でした。チャンスについていたところも逃したのが多かったので、本当にオフはしっかりパッティングを練習したい。本当にいろんな経験ができた1年でした。大変な思いもたくさんしましたけど得るものも多かったのですごく充実していた1年だった。来年に向けて埋めていかないといけないところはたくさんある。一つずつクリアして、バハマからスタートが切れるように頑張りたい。アプローチとパターがキーポイントになってくると思うので。そのへんは今年のオフしっかり練習してバハマにいきたい。全体的にもっといけたかなという気持ちも自分の中でしますけど、今の実力はこれなので、そのへんはしっかり受け止めてオフの練習をしていきたい。まず1勝ですね。日本ツアーのQTを受けることも考えています。どうなるか分からないですけど、いろんな選択肢としてあったほうがいいのかなということと、日本女子オープンとか出たいので。カードがあれば出られるわけじゃないですけど、いつまでの時点で何位以内とかあるので、ゆっくり考えてどうしようか、QTにいくか決めようと思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング