首位タイのイ ボミ、2連覇と5年シードへ意欲!

ParOn.(パーオン) / 2013年11月30日 18時30分

イ ボミの見つめる先は、大会連覇と5年シード獲得か!? LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2013)(3日目) 写真・村上航

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月28日~12月1日、宮崎県・宮崎CC、6451ヤード、パー72)

 森田理香子と横峯さくらの女王争いの影で、淡々と優勝争いに王手をかけてきたのが、通算4アンダーのトップタイで最終日を迎えるイ ボミだ。今日は4バーディ、3ボギーの71で回り、前日からスコアを一つ伸ばした。

「今日も風とピンポジションが傾斜に切ってあって難しかったけれど、1アンダーで回れたので満足しています」

 昨年覇者のイ ボミは、今大会3日間をアンダーパーで回っているが、昨年の経験が生かされているかについて、

「このコース(宮崎CC)は左ドッグレッグのホールが多くて、ドローヒッターが合っているからだと思います。去年よりもグリーンが硬く、今日も11回しかグリーンに乗っていません。とにかく、明日優勝する人は運がある人になると思います」

 と語った。

 今年、メジャーの日本女子プロゴルフ選手権で優勝しているイ ボミだが、今大会で優勝すると、同一年メジャー2勝で5年シードが得られる。もちろん、2連覇という偉業にも挑戦することになる。

「今まで知らなかったのですが、5年シードが得られるのはすごく魅力的です。2連覇がかかっているということですごく緊張もすると思います。でも、あまり優勝のことは考えることなく、最後までボギーを少なくして回れるようにしてきたい。今大会はリズムがいいので、自分のスイングに自信を持って、自分のプレーに集中していきたい」

 賞金女王争いに注目が集まるなか、2連覇達成でもう一つの話題を提供することができるか!?

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング