【中間速報】池田が前半爆発でトップに! 松山は2打差でハーフターン

ParOn.(パーオン) / 2013年12月1日 12時28分

カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月28日~12月1日、高知県・Kochi黒潮CC、7316ヤード、パー72)

 最終日、最終組で回る3人の首位争いは激化。1番から3連続バーディで波に乗った池田勇太が大爆発している。池田は6、8番でもバーディを奪い、前半を終えた時点で5つスコアを伸ばして13アンダー、単独首位に立った。

 松山英樹は出だしの1番でバーディを奪うも、その後は8番でボギーをたたき一歩後退。しかし9番でバーディを取り返し、池田と2打差の11アンダーでハーフターンすることとなった。また、小田孔明はスコアを伸ばせず8アンダーで前半を折り返している。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング