池田勇太「流れが来なくなった」とショック

ParOn.(パーオン) / 2013年12月1日 19時5分

勝負所のパッティングに苦しんだ池田勇太 カシオワールドオープンゴルフトーナメント(2013)(最終日) 写真・佐々木啓

カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月28日~12月1日、高知県・Kochi黒潮CC、7316ヤード、パー72)

 池田勇太は、まさかの失速で1打差の2位で終わった。

 首位の松山英樹から2打差2位タイでスタートした池田は、1番から3連続バーディで松山をとらえると、6番(パー4)、8番(パー3)でバーディを奪い、逆に3打差のリードを奪って首位に立った。

 しかし、13番(パー4)で1.5メートルのパーパットを外して、36ホールぶりにボギーをたたくと流れが変わった。16番(パー4)では奥のカラーから3パット、17番(パー4)では1.2メートルのパーパットを外してボギー。ここで首位を明け渡し、自滅する形で優勝を逃した。

「途中から流れがこなくなったという感じです。チャンスにつかないし、バーディが来ないし……。来週は来週でいい戦いができればいいですね」

 池田は敗戦のショックが大きく、言葉少なめにコースを後にした。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング