今田竜二 復活に向けて充実した6週間

ParOn.(パーオン) / 2013年12月1日 19時55分

来季の予定は未定だが、復活の兆しがある今田竜二 カシオワールドオープン(2013)(最終日) 写真・佐々木啓

カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月28日~12月1日、高知県・Kochi黒潮CC、7316ヤード、パー72)

 米ツアーで8年間シード選手として活躍し、1勝を挙げている今田竜二。12年に米ツアーのシード落ちをしてから不調が続いていたが、今大会で7位タイに入り復調の兆しが見えた。

 今季、コカ・コーラ東海クラシックからカシオワールドオープンまで日本ツアーに6試合に出場したが、予選落ちが2回あるなど本調子ではなかった。しかし今日の最終日は4バーディノーボギーの68と、今年日本で初のノーボギーのラウンドだった。

「ショット自体はそんなに悪くなかったのですが、ここ1、2年、大事な場面でパットが入らないことが多く、流れが悪くなってショットが悪くなってというパターンが多かったんです」

 ここ2年の不振は、本来得意とするパットが原因で崩れるケースが多かった。日本にきてからもクロスハンドグリップにするなど試行錯誤。クラブに関しても、いろいろなものを試していた。

 この日は、1番(パー4)で2打目を80センチにつけてバーディを奪うと、2番(パー3)はグリーン右ラフからチップインバーディ。3番(パー4)は、3メートルのパーパットを沈めて、今までなら途切れていた流れを切らさなかった。

「かなりいい滑り出しで、気分的にも楽にできました。後半は我慢の9ホールでした。パッティングの感覚がずっと速いと思っていて、ちょっと合わなかったです。バーディチャンスもあったけど、モノにできませんでした。9アンダー、10アンダーが目標でしたが、回ることができませんでした」

 後半我慢のゴルフでも、ボギーを打たなかったのはショートゲームの名手、今田竜二の真骨頂。納得はいっていないが、復調の兆しであるのは間違いない。

「6試合に出場させてもらい、充実した6週間でした。少しずつですがゴルフを楽しく出来たと思います。今は精神的にも打撃をくらっているので、気分的にもモチベーションを上げていくことができないですが、これからコツコツと、自分の中でいいイメージを頭に植えつけていくしかありません」

 来季の予定は未定だが、まだまだ老け込む年ではない。米国で世界のトップ選手と戦ってきた元気な今田竜二の姿がみたい。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング