C・シュワルツェルが大会2連覇を達成!

ParOn.(パーオン) / 2013年12月2日 10時34分

連覇を含む優勝3回、2位4回と今大会で抜群の強さを見せているシャール・シュワルツェル アルフレッド・ダンヒル選手権(2014)(最終日) 写真・Getty Images

アルフレッド・ダンヒル選手権(11月28日~12月1日、南アフリカ・レオパードクリークCC、7326ヤード、パー72)

 欧州ツアー2戦目、3日目までトップのシャール・シュワルツェルは、最終日も強いゴルフを見せた。

 出だしは静かなスタートだったが、5、6番と連続でバーディを奪うと、8番でもバーディ、後半に入ると逃げ切り態勢に入り、13番のバーディでこの日4アンダー。ボギーを打たない安定したゴルフを展開し、17アンダーで優勝。12打差を逆転した昨年に続き連覇を果たし、ヨーロピアンツアー初優勝となった2005年を含めて3度の優勝、2位が4回と今大会は抜群の成績を残している。

 4打差の2位にはイングランドのリチャード・フィンチ、10アンダーの3位タイにはロス・フィッシャー、サイモン・ダイソン、ロメイン・ワッテルが入った。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング