塚田好宣 ビリにはならないように!

ParOn.(パーオン) / 2013年12月4日 16時59分

今季開幕戦以来の優勝を目指す塚田好宣 ゴルフ日本シリーズJTカップ(2013)(事前情報) 写真・鈴木祥

ゴルフ日本シリーズJTカップ(12月5~8日、東京都・東京よみうりCC、7023ヤード、パー70)

 今年、東建ホームメイトカップでプロ20年目の初優勝を遂げた塚田好宣。両手を掲げて優勝のガッツポーズをした4月から、季節が3つ変わっての最終戦は初出場だ。

「初めてのことなので、何がどうなのかさっぱり分かりません。今日はプロアマでしたから、ギャラリーもいませんでしたが、大会が始まってギャラリーが入るとコースはどう見えるのかも気になりますね」

 開催コースの特徴は、グリーンのアンジュレーションだが、今年は特に出場選手が硬さも口にする。

「硬いと思います。今年プレーしたトーナメントコースの中で一番硬いのではないでしょうか。ほかの選手はどう攻めていくのかも気になります。でも、まずはビリにならないように頑張ります」

 松山英樹が欠場となり、29人の少数精鋭で行われることになった日本ツアーでの最終戦。ただ、塚田自身の最終戦は来週のアジアンツアー、タイランドゴルフ選手権だ。

「今大会最終日表彰式後に空港に行って、深夜便でタイに飛びます」

 日本はもちろん、アジア、欧州と戦う舞台は世界の塚田。プロ初優勝を遂げた2013年の締めにふさわしいのは優勝だ。

文・井上兼行

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング