野村敏京が最終予選会を突破、米女子ツアーを主戦場に

ParOn.(パーオン) / 2013年12月9日 17時32分

来季は米女子ツアーへ参戦することが決まった野村敏京

 米女子ツアー最終予選会(12月4~8日、米国フロリダ州デイトナビーチ)で、野村敏京が最終日に69をマーク。通算6アンダーの19位タイでフィニッシュし、上位20名に与えられる来季の出場資格「カテゴリー12」をかけて4人でプレーオフの戦いとなった。

 そして、野村は4ホール目で最後の1スポットを見事に獲得。これにより日本女子ツアーのシード権は放棄し、来季は米女子ツアーを主戦場に置くこととなった。なお、野村の放棄によって、賞金ランキング次点者のウェイ ユンジェ(52位)に2014年度のシード権が与えられる。

 野村と同じく米女子ツアー最終予選会に臨んでいた片平光紀は、通算3オーバーとスコアを伸ばせず、60位でシード権獲得はならなかった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング