石川&松山世代の新星・大堀裕次郎がプロ転向!

ParOn.(パーオン) / 2013年12月13日 15時59分

日本アマ優勝、関西オープンローアマの実績を引っさげ、プロ転向した大堀裕次郎

 今年の日本アマチュア選手権を制し、今夏にレギュラ-ツアーデビューを果たした大堀裕次郎が、プロ転向をしたことがわかった。

 大堀は現在大阪学院大4年の22歳。石川遼、松山英樹と同学年で、2006年の日本ジュニアで3位に入り、石川らとともに翌年組織されたチーム・ジャパンジュニア(将来のナショナルチーム入りを目指す中学生によるチーム)に選出されている。

 182センチメートルから繰り出されるドライバーは300ヤードを越え、さらに“得意クラブはパター”と、小技にも自信を持っているプレーヤーだ。
 ツアーデビュー戦となった関西オープンでいきなりローアマに輝き、11月に行われたカシオワールドオープンでは、2日目に首位に立つなど、トップの舞台でも実力を発揮している。

 また、プロ転向に伴いオフィシャルサイトを開設。大堀の詳しいプロフィールやメッセージなどを随時更新していく予定だ。

http://yujiro-ohori.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング