藤田・石川組勝利、アジア選抜が好スタート!

ParOn.(パーオン) / 2013年12月20日 17時36分

初日に息の合ったプレーを見せた石川遼と藤田寛之 ザ・ロイヤルトロフィ(2013)(1日目) 写真・村上航

ザ・ロイヤルトロフィ(12月20~22日、中国・広州 ドラゴンレイクGC、6968ヤード、パー72)

 アジア選抜と欧州選抜の対抗戦、ザ・ロイヤルトロフィが開幕。2連覇を目指すアジアチームが好スタートを切った。

 トップバッターで出たトンチャイ・ジェイディーとキラデク・アフィバーンラトのタイペアが、スティーブン・ギャラハー、ポール・ローリーのスコットランド組を撃破。続くチームジャパンの藤田寛之、石川遼も危なげなく勝利。金庚泰、金亨成のコリアンパワーも圧勝。最終組の地元中国ペアの梁津萬、呉阿順は惜しくも敗れたものの、初日はアジアチームが3ポイントを獲得し、欧州チームを2ポイントリードした。

 20日の2日目は、ダブルスのフォーボール戦(いいほうのスコアを採用)が行われる。

初日結果

第1試合
○トンチャイ・ジェイディー、キラデク・アフィバーンラト
5&3
×スティーブン・ギャラハー、ポール・ローリー

第2試合
○藤田寛之、石川遼
3&2
×ニコラス・コルサーツ、ベルント・ウィスバーガー

第3試合
○金庚泰、金亨成
4&2
×アルバロ・キロス、トービヨン・オルセン

第4試合
×梁津萬、呉阿順
2&1
○デビッド・ハウエル、マーク・ウォーレン

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング