大混戦! 20歳のJ・スピースら3人が首位

ParOn.(パーオン) / 2014年1月6日 12時50分

20歳のジョーダン・スピースがツアー2勝目を目指す 現代トーナメント・オブ・チャンピオンズ(2014)(3日目) 写真・Getty Images

現代トーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月3~6日、米国ハワイ州・カパルアリゾート、7411ヤード、パー73)

 2013年の優勝者30名による本大会。3日目の競技が行われ、ジョーダン・スピース、ウェブ・シンプソン、ダスティン・ジョンソンの3人が、通算14アンダーでトップに立った。

 2打差の通算12アンダー、単独4位に、前日首位のザック・ジョンソン。通算11アンダー、5位タイにゲーリー・ウッドランド、ジェイソン・ダフナー、ブラント・スネデカー、ケビン・ストリールマンの4人。通算10アンダー、9位タイにパトリック・リード、クリス・カーク、アダム・スコットの3人がつけている。

この日オーバーパーのラウンドはわずか3人。スコアを大きく伸ばす選手が続出した3日目。ビッグスコアが飛び出すコースだけに、混戦から誰が抜け出すか注目が集まる。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング