武藤俊憲 2年前の倍返しだ!

ParOn.(パーオン) / 2014年1月9日 14時27分

12年のリベンジに燃える武藤俊憲 ソニーオープン・イン・ハワイ(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

ソニーオープン・イン・ハワイ(1月9~12日、米国ハワイ州・ワイアラエCC、7068ヤード、パー70)

 ソニーオープン・イン・ハワイでリベンジに燃えるのが武藤俊憲だ。

 2012年の今大会に出場し、初日2オーバー「72」で100位タイと出遅れた。しかし、2日目の前半(アウト)で7バーディを奪い、PGAツアー記録タイの28をマーク。一時は6位タイに浮上した。しかし、後半崩れて40、トータル2アンダーの68。上位進出が見えた矢先に、予選カットラインに1打足りない通算イーブンパーで予選落ちに終わった。

「あのときは前半完全にゾーンに入っていましたね。後半に入ると我に帰ったというか、正直ビビってしまいましたね」

 当時の無念さは今でも忘れられない。そして昨年の東海クラシックでも似たような経験をした。3日目に2位と2打差で首位に立ちながら、最終日の前半「41」と大崩れをして優勝を逃した。

「東海のときも、守りすぎたという感じですね、我に帰った後半は普通にできましたから。おととしのソニーでもいつもの自分じゃないプレーをすると途端にスコアが崩れてしまった感じです。今年は、少し気負ってやってもいいのかなと思います。9ホールだけでしたが、いいプレーができたのは事実だし、通用する部分もあると思いますので、今年はとにかく4日間ちゃんとやることが大事です。まずはね。13年シーズンは自分の成績がよくなかったので、倍返し! という感じのプレーができたらいいですね」

 2013年シーズンは未勝利に終わり、賞金ランキング32位。今大会、メンタルをコントロールしていいプレーができれば来季につながる。おととし、ひと時会場を沸かした男が、今年は4日間盛り上げる。

文・小高拓

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング