近藤共弘が始動!「今年は優勝したい」

ParOn.(パーオン) / 2014年1月15日 17時7分

自身も着用している〈ツアーステージ ゼロ・スパイク ツアー〉を手にする近藤共弘

 1月15日、東京都内で行われたブリヂストンスポーツの新商品商談会の会場に、同社契約プロの近藤共弘が登場。現在すでにトレーニングをスタートさせているという近藤は、

「体幹メニューを中心にトレーニングを行っています。まだボールを打ってはいませんが、特に左の背筋を意識して、少しレベルスイングに振るように心がけるようにしたいですね。左主導で振って、もう少し低い弾道を出せるようにしたいです」

 トレーニングの目的が明確なだけに、充実した日々を送っている近藤。しかし近年、手応えを感じながらも優勝という結果を残せていない。

「もう自分も今年で37歳ですからね。中堅からベテランの域に入っていますよね。薗田(峻輔)や藤本(佳則)なんかはひと回り下になりますから。まだそんな自覚はないけれど、長くプレーすることが目標だし、もう少しいい位置でやりたいですよね。優勝は意識しています」

 2011年のつるやオープン以来、3年間優勝から遠ざかっている近藤は、今年こそと意気込む。

「これまでずっと道具選びにこだわってきましたが、昨年から使っているドライバー(ツアーステージ X-ドライブ GR)はすごくいいドライバーだし、方向性をしっかりと合わせて行ければ大きな武器になります。自分の中ではまだまだ伸びしろがあると思うので、そこに期待して頑張ります」

 1月までは国内でトレーニング。2月からはアメリカ・フロリダ州で合宿を行い、3月のタイオープンから本格的に今シーズンをスタートさせる。今季は“ベテラン・近藤”の戦いぶりに注目してみたい。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング