R・マキロイが急浮上、C・リーらがトップに

ParOn.(パーオン) / 2014年1月18日 11時21分

2日目に急浮上したロリー・マキロイ アブダビHSBC選手権(2014)(2日目) 写真・Getty Images

アブダビHSBC選手権(1月16~19日、アラブ首長国連邦・アブダビGC、7600ヤード、パー72)

 初日4位タイスタートだったクレイグ・リーが9アンダーでトップタイに躍り出た。

「グリーン上が良かった。サンタクロースがクリスマスプレゼントとしてボクに素晴らしいパッティングストロークを与えてくれたと思う(笑)。何であんなにパターが入ったのか分かりません。でも、たくさんのパットが入ったので、確実に去年とは違います」

 初日26パットで、2日目の今日は29パット。欧州ツアーでも決してパット巧者とはいえないリー(昨年、平均パット数29.4。同ランク42位)だが、昨シーズン末からパターを変えたことが奏功したようだ。

「前のパターは少しフェースが被っていたので、ちょっとだけフェースが立っているものに変えました。ほんの少しですが、見て分かる程度。そうしたらアドレスを取るのがラクになったのです」

 また、リーより2日間でパット数が3ストローク少ないラファ・カブレラベロも首位をキープした。

「全体として、この2日間のプレーに満足しています。ティショットを確実にフェアウエーに置けている。今、自分の全部のクラブに自信があります」

 続く3位のダニー・ウィレットはこの日、1イーグル、6バーディで猛チャージ。前日の63位タイ(1オーバー)から一気にランクアップし、ツアー2勝目に向けて好位置につけた。

 7アンダーの4位タイにはリカルド・ゴンザレズ(アルゼンチン)とベテランのトーマス・ビヨーン(デンマーク)とともに、優勝候補の一人、24歳でメジャー2勝のロリー・マキロイが5アンダーと追い上げている。

 なお、元世界ランク1位のマーティン・カイマーは22位(3アンダー)で、1アンダーの43位タイにはダレン・クラーク、フィル・ミケルソン、ルーク・ドナルドがいる。104位タイスタートと初日大きく出遅れたセルジオ・ガルシアはこの日4アンダーの通算イーブンパーとし、60位タイで予選を通過した。

文・秋山義和

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング