P・リードが3日連続「63」で独走! 石川は34位タイに後退

ParOn.(パーオン) / 2014年1月19日 9時25分

ツアー通算2勝目に大きく近づいたP・リード ヒューマナチャレンジ(2014)(3日目) 写真・Getty Images

ヒューマナチャレンジ(1月16~19日、米国カリフォルニア州・PGAウエストパーマーC、6950ヤード、パー72など)

 首位を走るパトリック・リードがニクラスプライベートコースを1イーグル、8バーディ、1ボギーでラウンド、3日連続の「63」をたたき出し、通算27アンダーで2位に7打差の独走態勢に入った。昨年8月の「ウィンダム選手権」以来、ツアー通算2勝目が大きく近づいてきた。54ホールで27アンダーは、最多アンダーパーのツアー記録。72ホールでは今大会の09年にスティーブ・ストリッカーが出した33アンダーが記録となっている。

 7打差の20アンダー、2位タイにはチャーリー・ホフマンとブレンダン・トッド、さらに1打差の19アンダー、4位にジェームス・ドリスコル、さらに1打差の18アンダー、5位タイにビル・ハースとジャスティン・レナードが続いている。

 日本人でただ一人出場している石川遼はニクラスプライベートをラウンド。2イーグル、5バーディ、4ボギー、1ダブルボギーという出入りの激しいゴルフで69とスコアを3つ伸ばすものの、バーディ合戦では後れを取ったかっこうで順位は34位タイと後退した。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング