宮里藍 パターで苦戦している

ParOn.(パーオン) / 2014年1月26日 11時57分

ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(1月23~26日、バハマ・オーシャンクラブGC 、6644ヤード、パー73)

野村敏京(5バーディ、2ボギー、通算2アンダー、44位タイ)

「あまり難しいコースではないんですけど、風ですかね。グリーンも風で硬くなっています。最初4ホールで3つ伸ばして今日は行けるかなと思ったんですけど、風を読みすぎて距離感が合わなくなって、ズルズルとなってしまった。でもバーディで終わってよかった。昨日パッティングが入らなかったので、ホールアウト後に練習した時に、パッティング(のリズム)が早くなっていることに気がついて、今日はそこに気をつけたらうまくいきました。明日は伸ばしたいです。目標はトップ10なので、そこに届くようにがんばるしかない。最低6アンダーは行かないと」

上原彩子(4バーディ、3ボギー、通算1アンダー、50位タイ)

「3パットが多かった。早めにグリーンのコンディションをつかめなかったのが、今日のいけないポイントだったと思います。バーディチャンスからも3パットがあったので。昨日も1オーバーだったので、今日はなんとか赤字(アンダーパー)にはもっていきたいと思っていたんですけど、流れ的にはよくなかったんですけど、最終的には1アンダーで明日につながるかなと思います」

宮里藍(4バーディ、4ボギー、1ダブルボギー、通算2オーバー、62位タイ)

「ショットも思うようにライン出しができなくて、昨日ほどはたくさんバーディチャンスはなかったんですけど、パターで苦戦している感じです。今日は読みが全然合わなくて、自分が思っているより切れないパットが圧倒的に多くて、それを早めに切り替えて薄めに読めればよかったんですけど、そのフィーリングが最後まで残って、特にショートパットでなかなかラインが読めてなかったと思います。グリーンは速くなってきてます。グリーンが乾いてきて速くなってくると、よりラインは切れなくなってくると思うので、タッチだけ合わせて薄めに読んでいけばもっと入るのかな、と。やっとこのグリーンの感覚がつかめてきた(笑)。昨日まではスピードに苦戦して、今日はピンポジションに惑わされてラインが読めず……。明日はその両方がかみ合うように頑張りたい」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング