J・コルダが2勝目を挙げる

ParOn.(パーオン) / 2014年1月27日 7時41分

ツアー2勝目を挙げたJ・コルダ ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(2014)(最終日) 写真・Getty Images

ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(1月23~26日、バハマ・オーシャンクラブGC 、6644ヤード、パー73)

 現地時間26日、最終日のラウンドが行われ、3打差の3位タイからスタートしたジェシカ・コルダが8バーディ、1ボギーの7アンダーでラウンドし、通算19アンダーで自身2勝目を飾った。

 1打差の18アンダー、2位にステーシー・ルイス、さらに2打差の16アンダー、3位タイにポルナノン・ファトラム、ポーラ・クリーマー、リセット・サラス、崔 羅蓮の4人が続いている。

 日本人選手では、18番(パー5)のイーグルを含む1イーグル、6バーディ、1ボギーの66でラウンドし、今日7つスコアを伸ばした野村敏京が通算9アンダーの23位タイでトップ。上原彩子が今日4アンダー、通算5アンダーで33位タイ、宮里藍は今日2アンダー、通算イーブンパーの62位タイで大会を終えた。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング