T・ウッズは37位タイに浮上!

ParOn.(パーオン) / 2014年2月2日 8時0分

T・ウッズはようやく不調の出口が見えてきた!? オメガドバイデザートクラシック(2014)(3日目) 写真・秋山義和

オメガドバイデザートクラシック(1月30~2月2日、アラブ首長国連邦・エミレーツGC、7316ヤード、パー72)

 タイガー・ウッズはスコアを二つ伸ばし、5アンダーの37位に。前日の44位から少し順位を押し上げた。

「今日はたくさんのチャンスを逃した。やさしい日だったのに……。悪いショットは数えるほどしかなかったが、ミスパットが多かった。ショットは本当によかったです。いいショットをスコアにつなげることができず、無駄にした」

 1番ではグリーン奥からチップインパー。2番はグリーン左のバンカーから何とかパーを拾ったが、3番のセカンドショットはプッシュアウトし、ボールを砂漠の中に。そこからグリーン手前にボールを運んで4オンしたが、3メートルのパーパットを外してボギー。その後も、グリーン上ではウッズの思ったとおりにボールが転がってくれず、苦しいゴルフが続いた。が、今日はショットに助けられた。

「今日はモヤモヤした日でした。ショットは昨日の夜、ほんのちょっとだけ修正したら、すごくよくなった。グリップを少しだけ緩く握るようにしたんだ。簡単なことで、すぐに修正できた」

 そして、前日同様に風の影響が大きくなったことについて、

「いったん風が強くなれば、フロリダでどういうゴルフをしたかを思い出します。自宅のあるフロリダの東海岸では毎日、風が吹いています。だから、風が吹き始めると地元でプレーしているような気分になります。ボールが風に飛ばされるのは気分がいいですよ。唯一の違いは、グリーン上でもっと練習しないといけないことです」

 明日こそ、今季初のタイガーチャージとなるのか。ウッズの2014年初の最終日でのプレーに世界が注目する。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング