J・ウォーカーとJ・スピースの二人が首位に並ぶ

ParOn.(パーオン) / 2014年2月8日 11時18分

20歳のジョーダン・スピースが首位タイに浮上 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ(2014)(2日目) 写真・Getty Images

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ(2月6~9日、米国カリフォルニア州・ペブルビーチGLほか)

 現地時間7日、サスペンデッドとなった第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われ、通算9アンダーでジミー・ウォーカーとジョーダン・スピースの二人が首位タイに並んだ。

 今シーズン2勝と好調のジミー・ウォーカーは、第2ラウンドはスパイグラスヒルGC(6858ヤード、パー72)を回り、3バーディ、ノーボギーの69でラウンド。スコアを3つ伸ばし、前日2位タイからトップに浮上した。また、7位タイからスタートした20歳のジョーダン・スピースは、モントレーペニンシュラCC(6838ヤード、パー71)をラウンド。6バーディ、2ボギーの67で回り、スコアを4つ伸ばしてトップに躍り出た。

 1打差で通算8アンダーの3位にハンター・メイハンがつけ、第1ラウンド首位のアンドリュー・ループが、スコアを一つ落とし通算7アンダーの4位に後退した。フィル・ミケルソンは通算4アンダーの17位タイ、ディフェンディングチャンピオンのブラント・スネデカーはスコアを伸ばせず、通算1オーバーの96位タイとなった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング