松山23位、B・ワトソンが2年ぶり勝利!

ParOn.(パーオン) / 2014年2月17日 8時55分

18番のバーディで2年ぶりの勝利を決定づけたバッバ・ワトソン ノーザントラストオープン(2014)(最終日) 写真・Getty Images

ノーザントラストオープン(2月13~16日、米国カリフォルニア州・リビエラCC、7298ヤード、パー71)

 現地時間16日最終ラウンドが行われ、最終日の猛チャージが期待された松山英樹は、前半こそ二つスコアを伸ばしたが、後半は失速。18番で意地のバーディを決めるも、この日イーブンパー、通算5アンダーの23位タイで大会を終えた。

 優勝は、この日のベストスコア64を二日連続でたたき出し、一気に抜け出したバッバ・ワトソン。前半だけで5つのバーディで、早々に首位を奪うと、後半も2バーディの安定したラウンドで通算15アンダーでホールアウト。後続の追撃を許さず、2012年のマスターズでの劇的勝利から、2年ぶりのツアー通算5勝目を挙げた。

 2打差の2位に初日トップに立ったダスティン・ジョンソン。さらに1打差の通算12アンダー、3位タイにジェイソン・オールレッド、ブライアン・ハーマンの二人。通算11アンダー、5位にシャール・シュワルツエルが入った。

 20歳のジョーダン・スピースは通算8アンダー、12位タイ。今季すでに3勝のジミー・ウォーカーはリー・ウエストウッドらとともに通算6アンダー、20位に終わった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング