宮里藍ら依然苦戦、K・ウェブ首位堅守!

ParOn.(パーオン) / 2014年2月28日 16時50分

今季2勝目に突き進むカリー・ウェブ HSBC女子チャンピオンズ(2014)(2日目) 写真・Getty Images

HSBC女子チャンピオンズ(2月27日~3月2日、シンガポール・セントーサGCザ・シェラポンC、6600ヤード、パー72)

 米女子ツアーの今季第4戦、2日目が行われ、日本から参戦している3人はそろって苦戦を強いられている。

 ともに3オーバー、43位タイからスタートした3人。宮里美香は序盤の2連続バーディで一時スコアを伸ばすも、その後は1バーディ、4ボギーと崩れ通算4オーバー、44位タイ。上原彩子は2バーディ、3ボギーと波に乗ることができず、同じく通算4オーバーでホールアウト。宮里藍はバーディスタートを決めたが、次のホールでダブルボギー。その後もスコアを二つ落として通算6オーバー、52位タイで第2ラウンドを終えた。

 前日トップに立ったカリー・ウェブがこの日もスコアを伸ばし、通算9アンダーで単独首位をキープ。通算7アンダー、2位にアンジェラ・スタンフォード。通算6アンダー、3位にテレサ・ルー。通算4アンダー、4位タイに前週優勝のアンナ・ノードクビスト、モーガン・プレッセル、ポーラ・クリーマー、キャロライン・ヘッドウォールがつけている。

 スーザン・ペテルセンは通算3アンダー、9位タイ。リディア・コはこの日3つスコアを伸ばし、朴仁妃(パク・インビ)らとともに通算2アンダー、13位タイに浮上している。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング