宮里優作 気になるメルセデスをリクエスト!

ParOn.(パーオン) / 2014年3月1日 13時56分

自身もベンツ愛好家ということもあり、相思相愛の契約となった宮里優作とメルセデス・ベンツ 写真・佐々木啓

 株式会社ヤナセはこのほど、昨年悲願の初優勝を遂げた宮里優作とのスポンサー契約を締結したと発表した。契約は1年更新だが、長期的に契約していきたいという。契約の内容としては、宮里が出場する国内試合の移動手段として、同社の車両を提供することになる。

 会見に登場した同社社長の井出氏によると、宮里が東京在住時代に同社の東京支店をひいきにしていたことから、付き合いが古く、昨年の初優勝時にも高級車、メルセデス・ベンツを提供しており、縁を感じたのも契約のきっかけという。

 プライベートでもメルセデス・ベンツの愛好家である宮里は車が大好きだという。
「車は好きです。ゴルフと似ているところがあります。ハンドル操作とかタイヤの走りを体で感じると、今日は感覚が優れていると思うことができます。そういうところが道具を使うゴルフに似ていますね」

 持論を展開した上で契約についても素直に喜びを表した。

「メルセデス・ベンツは乗っていて楽しい車だし、安心感もあります。今回の契約は大変ありがたいです。どんな車両でもということなので、乗ってみたいベンツをリクエストしてみます(笑)」

 井出社長から「ぜひ賞金王になってほしい」とエールを送られた宮里は苦笑いを見せ、

「なれればいいですけど、まずは目先のことを一つ一つやっていくだけです。でも、初優勝したので、シーズンでの戦い方ははるかに楽になりますね。ひっかかりが一つなくなりましたから(笑)」

 と、今季はプレッシャーから解放されて、伸び伸びしたプレーを見ることができそうだ。

 苦節のときを超えて花開いた宮里の今季は、強い援軍を得て始動することになる。

文・高桑均

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング