全米女子オープンの最終予選が日本で初めて開催

ParOn.(パーオン) / 2014年3月3日 18時13分

昨年の日本勢は、宮里藍の11位タイが最高順位だった 写真・Getty Images

 2014年度(第69回)の全米女子オープンゴルフ選手権が6月19~22日、米国ノースカロライナ州のパインハーストリゾート&CC パインハーストNo.2で行われるが、管轄する全米ゴルフ協会(USGA)はセクショナルクオリファイング(最終予選)を初めて米国以外で行うことを発表し、日本、英国、韓国、中国で開催されることになった。日本でのセクショナルクオリファイング(最終予選)は5月19日(月)、愛知県の東名古屋CCで行われる(予備日:5月20日(火))。

 参加資格はプロ、およびJGA/USGAハンディキャップインデックス2.4以下のアマチュア。エントリーは3月第1週からUSGAホームページで受付となり、現地時間4月30日(水)17時に締め切られる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング