今田竜二、パットの不調にぼやき節も……

ParOn.(パーオン) / 2014年3月10日 9時24分

ショットは好調なものの、パッティングに悩まされた今田竜二 プエルトリコオープン(2014)(最終日) 写真・Getty Images

プエルトリコオープン(3月6~3月9日、プエルトリコ・トランプインターナショナルGC、7506ヤード、パー72)

「パット入らないですねー、ホント……。前半2メートル、4メートルのチャンスが入らなかったし、後半も最後5ホールぐらい結構チャンスがあったのに、パーパットを含め2メートルぐらいのを全部外した」

 今田竜二は、ぼやくようにパッティングの不調を悔やんだ。

 最終ホールの18番(パー5)でも、カラーからの3打目を残り1.5メートルにつけるが、最後の最後のパットもカップを蹴られてバーディはならず。スコアを一つ落として通算7アンダー、43位タイでフィニッシュした。

「こういう遅めのグリーンは苦手なので、その感じが抜けないままきてしまった。チャンスはたくさんあった1週間だけど、それをものにできなかった1週間。次の試合に向けてしっかり練習して頑張りたいと思います」

 今後はウェブドットコムツアーに出場しながら、PGAツアー出場のチャンスをうかがう今田。心配された背中の痛みも消え、そろそろエンジンをかけたいところだ。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング