「スコアメークできる選手に」横峯さくらが目指すゴルフ

ParOn.(パーオン) / 2014年3月13日 15時56分

激しい雨の中、プロアマで最終調整する横峯さくら ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ(3月14~16日、高知県・土佐CC、6232ヤード、パー72)

 先週のダイキンオーキッドレディスでは21位タイだった横峯さくら。試合を振り返り、

「全体的にOKラインを上げすぎていました。勝ちたいという気持ちが前に出てしまった部分がありましたね」

 そのうえで明日からの試合では、

「まずはティショットが飛ばなくてもいいと考えて、OKラインを下げてプレーしていきたい。飛距離が出るのは有利ですが、ティショットが飛んだからといって優勝できるわけでもないと思います。外しても拾って、チャンスがきたらしっかり入れるといった、先週とは違うゴルフができればいい」

 と話す。

「飛ばすよりも、スコアメークできる選手になりたい」

 と話す横峯が、初日からスコアをまとめにかかる。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング