石川2位タイ! 7アンダーで首位に3打差 

ParOn.(パーオン) / 2014年3月21日 8時42分

初日8バーディ、1ボギーの65と絶好のスタートを切った石川遼 アーノルド・パーマーインビテーショナル(2014)(1日目) 写真・Getty Images

アーノルド・パーマーインビテーショナル(3月20~23日、米国フロリダ州・ベイヒルC&ロッジ、7419ヤード、パー72)

 現地時間20日に開幕したアーノルド・パーマーインビテーショナル。初日は風も弱く絶好のコースコンディションとなり、スコアを伸ばす選手が続出。石川遼も7アンダー、65の好スコアで2位タイにつけた。

 この日の石川はショット、パットともに絶好調で、4番(パー5)でバーディを奪うと、6番(パー5)、8番(パー4)もバーディとし前半は33。バックナインに入っても12番(パー5)、13番(パー4)と連続バーディ。14番(パー3)でボギーをたたくものの、15番(パー4)、16番(パー5)を連続バーディ、最終18番(パー4)もバーディでフィニッシュし、8バーディ、1ボギーの65。7アンダーで2位タイとマスターズ出場へ向けて最高のスタートを切った。

 首位は2イーグル、7バーディ、1ボギーの10アンダー、コースレコードタイの62をマークしたアダム・スコット。3打差の2位タイに石川とジョン・メリック。6アンダーの4位にゴンサロ・F・カスタノ。ブラント・スネデカーら6人が5アンダーの5位タイにつけている。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング