トップはF・カプルス、井戸木鴻樹は63位タイ

ParOn.(パーオン) / 2014年3月22日 13時12分

フレッド・カプルスが首位スタート! ミシシッピゴルフリゾートクラシック(2014)(1日目) 写真・Getty Images

ミシシッピゴルフリゾートクラシック(3月21~23日、米国ミシシッピ州・フォーレンオークCC、7119ヤード、パー72)

 先週優勝したフレッド・カプルスが好調をキープ! 1ボギー、7バーディの6アンダーで2位以下に2打差をつけ、初日首位に立った。

「いいプレーでした。パットがよかったと思います。4つあるパー3のホールで3バーディはいつもとは違いますね。それがいいスコアにつながりました」

 カプルスは66をマーク。そのスコアは土壇場で逆転し、今季初優勝を飾った先週の東芝クラシック最終日と同じものということから、やはりその勢いを維持している。

「先週のコースに引き続き、今週のコースも好きなのでいいプレーが続いていると思います。だからトップに立っているわけだし、ここも長い間プレーしたいと思うコースです。明日以降、もしプレーがよくなかったら、ティショットがうまく打てなかったというのがその理由でしょうね。というのも、ボールの落としどころにバンカーが多数ある、それにハマると2打目以降が厳しい。でも、今日はいいティショットばかりだったので、2打目以降も普通に打つことができ、6アンダーで回れました」

 カプルスの初日の成績を見てみると、ツアー平均を大幅に上回るドライビングディスタンス281.5ヤードに加え、フェアウエーキープ率も57.14パーセントをマーク。しかも、パーオン率88.89パーセントと数字の上からもショットが安定していることが分かる。さらに、平均パット数が1.688回とその調子のよさはグリーン上でも続き、ショットとパットがうまくかみ合った1日となった。

 2位タイには、ジェフ・マガート(米国)、ケニー・ペリー、ジェイ・ハース、マイケル・アレン、デビッド・フロスト(南アフリカ)の5選手が4アンダーで並んでいる。

 日本から唯一、今大会に出場している井戸木鴻樹は3オーバーの63位タイで初日を終えている。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング