小平智 同い年の二人に追いつき追い越す!

ParOn.(パーオン) / 2014年4月16日 18時46分

今季は複数回の優勝を誓った小平智 東建ホームメイトカップ(2014)(事前情報) 

東建ホームメイトカップ(4月17~20日、三重県・東建多度CC・名古屋、7109ヤード、パー71)

 昨年、日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hillsで初優勝を飾った小平智。メジャー優勝という栄誉と5年シードを獲得した。ただ、今年の目標は大きい。

「今季は複数優勝を目指します。それを達成できれば、あいつらを追い越すことができますからね」

 小平のいう“あいつら”とは、同年の薗田峻輔と藤本佳則だ。二人は、それぞれ2010年、2012年にツアー初優勝を飾っている。しかし、二人とも昨年に2勝目を達成。

「自分が勝ったことで『やっと追いついた』と思ったのですが、そのあとすぐに2勝目を挙げられました。今季、通算2勝目、3勝目と複数回勝つことができれば追い越すことができると思うので頑張ります」

 もう一つ、大きな目標がある。

「5年シードをいただいたので、米ツアーに挑戦したいです。現状は、クオリファイングトーナメントを受験して合格しても下部ツアーからのスタートですが、自分は松山(英樹)や(石川)遼のように、すぐに上で戦うことはできないので、下から上がっていくことを考えて頑張りたいです」

 89年生まれの小平、薗田、藤本。それぞれジュニア時代から知る仲だが、今はプロの舞台で互いに刺激し合い成長、そして自分の進む道を作ろうとしている。今季は、若手たちのさらなる台頭もツアーを面白くさせそうだ。

文・井上兼行

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング