アマチュアの勝みなみさんが、史上最年少優勝記録を更新!

ParOn.(パーオン) / 2014年4月20日 17時6分

15歳293日という史上最年少記録で優勝した勝みなみさん KKT杯バンテリンレディスオープン(2014)(最終日) 写真・村上航

KKT杯バンテリンレディスオープン(4月18~20日、熊本県・熊本空港CC、6445ヤード、パー72)

 首位と1打差の2位タイ、最終組の一つ前でスタートした鹿児島高校1年のアマチュア・勝みなみさんが68でラウンドし、15歳293日という史上最年少記録を更新して優勝した。

 今までの記録は、2012年サントリーレディスオープンでキム ヒョージュが達成した16歳332日。なお、アマチュアのツアー優勝は1973年11月トヨトミレディスの清元登子、2003年9月ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンの宮里藍、そしてキム ヒョージュに続いて4人目となる。

 1打差の2位は、同じく2位タイからスタートしたイ ボミ。3位には9位タイからスタートした李知姫(イ・チヒ)。4位タイは原江里菜とテレサ・ルー。

「午前中、風が強くて距離感が合いませんでした。パーをとることがせいいっぱいでした。インに入って風は強く吹いていたが、ショットの感触もよくなって、バーディが続けて取れました」(イ ボミ)

 最終日をトップで迎え、初優勝を狙った福田真未は75でラウンド、通算5アンダー6位タイとなった。

「メンタルが弱いですね。緊張していたようで、ティショットが普通に打てなかったり、イージーミスをしたり、リズムもいつもと違ったみたいです。冷静さがなかったし、自分のプレーができないまま今日1日が終わりました」(福田)

 なお、優勝賞金1800万円は2位のイ ボミが獲得した。副賞については、アマチュア規定の範囲内で、大会主催者の興和製品が勝さんには送られ、車両の贈呈は行われないという。これにより、イ ボミが今季未勝利ながら賞金ランキングトップに立った。

 昨年の賞金女王、森田理香子は74でラウンド、通算3オーバー28位タイで終戦。

「全体的に悪くないけどパッティングが入りませんでした。出だしからはショットが悪くて長いパーパットが残ってしまい、3連続ボギーとなってしまいました。最後はすごくいいショットをして、ピンいっぱいまでいってしまいましたが、2連続バーディで締めくくることができました」

文・武井真子

これまでの「LPGA競技 初優勝年齢ランキング(年少)」上位の選手名

1位 キム ヒョージュ(16歳332日 2012年サントリーレディスオープン優勝)
2位 宮里藍(18歳10日 2003年ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン優勝)
3位 野村敏京(18歳178日 2011年中京テレビ・ブリヂストンレディス優勝)
4位 ポーラ・クリーマー(19歳9日 2005年NEC軽井沢72ゴルフ優勝)
5位 横峯さくら(19歳125日 2005年ライフカードレディス優勝)
※海外からの出場選手を含む

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング