黄アルム、1カ月間の会員権利停止

ParOn.(パーオン) / 2014年4月29日 13時49分

 1月19日、運転中に交通死亡事故を起こした日本女子プロゴルフ協会(LPGA)インターナショナル会員の黄アルムだが、LPGAでは4月28日に懲戒諮問委員会、および理事会を開催。同会員に対する処分、および再発防止策を決めた。

1 黄アルム会員に対する処分
(1)4月28日から5月27日までの1カ月間、会員としての権利(LPGAツアー競技への出場、およびプロゴルファーとしてのレッスン活動を含むが、これらに限られない)の停止
(2)本年度開催の新人セミナーの受講義務づけ(同新人セミナーには交通安全講習が含まれる予定)

2 幣協会としての再発防止策
「トーナメントへの出場等、幣協会の活動に参加する会員においては、自動車の利用が避けられない状況であることに鑑み、幣協会としてはこのような自動車事故が二度と起きないよう、自動車の安全運転教育の徹底を幣協会主体で図る必要があると考えています。つきましては、以下の再発防止策を実施することが決定されました」(LPGA)

(1)新人セミナーの内容に交通安全講習を含める
(2)トーナメント出場選手に向け、選手セミナーに交通安全講習を含める
(3)幣協会の会員全員に対し、文書による交通安全の徹底を図る

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング