堀奈津佳が100を切った年齢は?

ParOn.(パーオン) / 2014年4月29日 18時8分

ファンの温かい声援に“なっちゃん”スマイルがはじけた! 写真・鈴木健夫

 ブリヂストンスポーツ契約プロの堀奈津佳が4月29日、「二木ゴルフ ライフガーデン仁戸名店(千葉県)」に来店し、トークショーやワンポイントレッスン会、サイン会&撮影会を行った。

 まずは、自身もテスト中というブリヂストンスポーツの〈ファイズⅢ〉ドライバーについて、

「新しい〈ファイズⅢ〉ドライバーは球がラクに上がって、飛距離も出ます。ぜひアマチュアの方に使っていただきたいです。買ってください」

 とPR。続く質問コーナーで、ファンからオフの過ごし方を聞かれると、

「買い物をしたり美容院に行ったり、自分の好きなことを思いっきり楽しむようにしています。基本的にゴルフのことは考えません。頑張りすぎないことも大事かなと」

 とオンとオフの切り替えが重要と答えた。実際、先週のフジサンケイレディスクラシックには出場しなかった堀だが、休養を取ってしっかりリフレッシュしたようだ。

 また、ワンポイントレッスン会では、「教えるのは苦手」といいながらも的確なアドバイスを送り、ファンから「さすが!」の声が上がった。参加した12歳の少年のベストスコアが75であることを聞くと、

「えー、すごい! 私なんて12歳のときに初めて100を切ったんですよ」

 と驚いた様子だったが、ジュニアのレベルがどんどん上がっていることはもちろん実感しているようで、

「みんな技術レベルが高いですね。ジュニアがツアーで活躍するのはいいことだと思います。私が宮里藍さんの活躍を見てプロゴルファーに憧れたように、(KKT杯バンテリンレディースオープンを勝った)勝みなみさんの姿を見て、ゴルフに興味を持ってくれる子が増えるといいじゃないでしょうか」

 と語った。もちろん、先輩として負けてはいられない。今週のサイバーエージェントレディスは昨年2位に入っており、相性はいい。

「今年は(鶴舞CCの)東コースから西コースに変わったんですよね。西コースはまだプレーしたことがないので、まずは練習ラウンドでしっかりチェックします。今週は妹の琴音も出場するので、一緒にラウンドするかもしれません」

 今季は7試合でベストテン入りがわずかに1回(アクサレディス in MIYAZAKIの9位)、予選落ちが3回と結果を残せていない堀だが、イベントに集まった多くのファンの声援を力に変えて巻き返しを図る!

文・福田智生

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング