渡邉彩香が首位、1打差2位に森田遙さん

ParOn.(パーオン) / 2014年5月2日 16時47分

今季2勝目へ好スタートを切った渡邉彩香 サイバーエージェント レディス(2014)(1日目) 写真・村上航

サイバーエージェント レディス(5月2~4日、千葉県・鶴舞CC、6515ヤード、パー72)

 サイバーエージェント レディスが開幕し、初日は渡邉彩香が5アンダーで単独首位。2位の4アンダーには、一ノ瀬優希、福田真未とともにアマチュアの森田遙さんがつけ、史上最年少優勝の勝みなみさんは4オーバーの70位と出遅れた。

 渡邉彩香が1番をバーディでスタートし、5番、8、9番の連続バーディと前半で4つ伸ばして後半へ。16、17番で連続ボギーをたたくものの、最終18番をバーディで締めくくり、7バーディ、2ボギーの67、5アンダーで単独首位。アクサレディス in MIYAZAKIに次ぐ今季2勝目へ好スタートを切った。

 アマチュアの森田遙さんが2、3番の連続バーディ、8、9番の連続バーディなど、6バーディ、2ボギーの68で回り、4アンダーで一ノ瀬優希、福田真未と並んで2位タイにつけた。

 また3アンダーの5位タイには、堀奈津佳の妹でアマチュアの堀琴音さんが、5バーディ、2ボギーの69で回り、イ ジミン、鈴木愛と並んで入った。2アンダー8位タイには、香妻琴乃、下川めぐみ、アン ソンジュの3人。

 KKT杯バンテリンレディスオープンで史上最年少優勝を果たしたアマチュアの勝みなみさんは、2バーディ、6ボギーの76と崩れ、4オーバーの70位タイから2日目に巻き返しを狙う。

 ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらは、2オーバーの42位タイとやや苦しいスタートとなった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング