渡邉彩香 自宅で過ごしたリラックス効果で単独首位!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月2日 19時11分

母の手料理を食べてリラックスできたのがすごくよかったという渡邉彩香 サイバーエージェント レディス(2014)(1日目) 写真・村上航

サイバーエージェント レディス(5月2~4日、千葉県・鶴舞CC、6515ヤード、パー72)

 渡邉彩香が初日、7バーディ、2ボギーで単独首位に立った。

 アクサレディスin MIYAZAKIでツアー初優勝を遂げ、現在賞金ランキング5位と好調の渡邉。出だしの1番からバーディスタートを切ると、5番、8番、9番でもバーディを奪ってスコアを伸ばした。

 後半も12、14番をバーディとして、ここまでノーボギーの完璧なゴルフだったのだが……。

「14番までは完璧でした。15番で1.5メートルのパットを外して、そこからダメになりました」

 16番は3パット、17番はアプローチを寄せきれず、5メートルのパーパットを外して連続ボギーとしたが、最終18番はバーディでフィニッシュ。前半から2~5メートルのバーディパットをしっかりと沈めていた渡邉は、

「今、パッティングは自信を持って打てています」

 と好調の要因がパットにあると説明した。確かに渡邉の言うとおり、現在、部門別ランキングの平均パット数は1.7556の1位で、調子のよさはデータを見れば一目瞭然だ。

 渡邉は今週、ツアーに参戦してから初めて水曜日入りしたことを明かし、

「月曜日と火曜日は自宅で過ごし、母の手料理を食べてリラックスできました。それがすごくよかった」

 今週はアマチュアの勝みなみさんに注目が集まっていることについては、

「素直にすごいなと思います。これからどんどん、才能ある子たちが入ってくることで、自分自身も気が引き締まります」

 と襟を正した。今季2勝目に向け、明日も首位を目指す。

文・キム ミョンウ

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング