2日目は日没サスペンデッド! 暫定首位にフォン シャンシャンとカン ヨウジン

ParOn.(パーオン) / 2014年5月9日 19時51分

2012年の日本女子オープンに続く国内メジャー2勝目を狙うフォン シャンシャン ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月8~11日、茨城県・茨城GC、6630ヤード、パー72)

 大会2日目は、雷雲接近のため12時47分にプレー中断。約3時間半後に再開されたが、18時33分に日没サスペンデッドとなった。ホールアウトできなかった55選手は明日の6時30分から競技再開の予定。

 フォン シャンシャン(中国)はホールアウトし、3バーディ、1ボギーの70、二つ伸ばして通算4アンダーで暫定首位と、初日から首位をキープ。

 また、カン ヨウジン(韓)も18ホールを終え、5バーディ、ノーボギーの67、5つ伸ばして通算4アンダーで同じく暫定首位となった。今季これまで、開幕戦の棄権を除くとすべて予選落ちというカン。今季初の予選通過どころかツアー10年目にして念願の初優勝も狙える位置で決勝ラウンドを迎える。

 フジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝を挙げたフェービー・ヤオ(台湾)が、6バーディ、3ボギーの69で回り、通算3アンダーで暫定3位タイ。ジョン ヨンジュ(韓)は15番を終え、3つ伸ばして同じく通算3アンダーの暫定3位タイ。

 暫定5位には、インスタートで5番まで終え、6バーディ、1ボギーと5つ伸ばした北田瑠衣の通算2アンダー。通算1アンダーの暫定6位タイには、ホールアウトした一ノ瀬優希、12番まで終えた鬼澤信子ら4人が並んでいる。

 宮里藍は4バーディ、3ボギーの71、通算イーブンパーで暫定10位タイ。同じく宮里美香、リ エスド、酒井美紀、若林舞衣子らが10位タイに並んでいる。

 勝みなみさんは、65のコースレコードタイをマークし、通算3オーバーで初日の115位タイから一気に暫定41位タイに浮上。予選通過もほぼ確実なものとしている。

 一方、森田理香子は1バーディ、5ボギーと伸ばせず、通算10オーバーの暫定96位タイで予選通過が厳しくなった。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング