初日に続きサスペンデッド! S・ヘンリーが暫定首位に!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月10日 12時34分

暫定トップに立ったS・ヘンリー マデイラアイランドオープン(2014)(2日目) 写真・Getty Images

マデイラアイランドオープン(5月8~11日、ポルトガル・サント・デ・セラGC、6826ヤード、パー72)

 濃霧でサスペンデッドになった初日に続き、第1ラウンドが行われた2日目も、コースを覆った霧に悩まされた。5時スタートが後ろ倒しになる状況で、何とか全員がティオフしたものの、第1ラウンドを終えたのは、ほぼ半数の選手という難しい大会運営となっている。

 そんな中、暫定首位に立ったのは5アンダーをマークした、スコット・ヘンリー(スコットランド)だ。

「早いスタート時間だったのがよかった。最近、数試合でプレーした中で、いいスタートが切れていなかったので、5アンダーで暫定トップといういいスタートが切れたので、気持ちが楽になりました」

 そう笑顔で語ったヘンリーは続ける

「タフな1日でした。ホールアウトする前に5アンダーとれたらいいのに、と思っていました。不思議な事に、とても厳しいコンティションだったので、一時、7アンダーまでスコアを伸ばせたのは自分でも予想していませんでした。最終9番に向けて難しいホールが数ホールあり、最後の連続ボギーはちょっとイラッとしましたね」

 インスタートだったヘンリーは前半を5バーディ、1ボギー、一方、後半は3バーディ、2ボギーで第1ラウンドを終えた。

 続いて、4ホールを回り、1イーグル、2バーディをマークした、アマチュアのホアオ・カルロタ(ポルトガル)が4アンダーで暫定2位。3位タイグループは3選手がいて、全員ホールアウトしている。3アンダーのアンドリュー・マーシャル(イングランド)、ペドロ・オリオル(スペイン)、マーティン・ウィーグル(オーストリア)だ。

文・秋山義和

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング