フォン シャンシャン首位、成田美寿々2位に浮上、宮里藍10位

ParOn.(パーオン) / 2014年5月10日 18時13分

2012年の日本女子オープン以来の日本女子ツアー6勝目メジャー2勝目を狙うフォン シャンシャン ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月8~11日、茨城県・茨城GC、6630ヤード、パー72)

 大会3日目、日没サスペンデッドとなった2日目の残りが早朝行われ、午前10時30分に第3ラウンドがスタート。フォン シャンシャンが二つ伸ばして通算6アンダーで首位をキープ。2位に6つ伸ばした成田美寿々の4アンダー。宮里藍は通算イーブンパーで10位タイ。

 フォン シャンシャン(中国)が4バーディ、1ダブルボギーの70で回り、通算6アンダー、2位に2打差をつけて首位をキープ。2012年の日本女子オープン以来の日本女子ツアー6勝目、メジャー2勝目に王手をかけた。

 大きくスコアを伸ばしたのが成田美寿々。前半一つ伸ばして後半へ入ると、10番、12番、15番バーディ、さらに17、18番の連続バーディで締めくくり、7バーディ、1ボギーの66で、通算4アンダーの2位に浮上した。

 宮里藍は、3バーディ、3ボギーの72、通算イーブンパーのままで10位タイ。首位との6打差を追って最終日を迎える。

 宮里美香が4バーディ、2ボギーの70で回り通算2アンダー。69で回った藤田光里、一つ落としたフェービー・ヤオ(台湾)と並んで3位タイにつけた。

 原江里菜とジャン ハナ(韓)が69で回り、カン ヨウジン(韓)、アンナ・ノードクビスト(スウェーデン)と並んで通算1アンダーの6位タイ。

 注目の勝みなみさんは、前半3バーディ、1ボギーと二つ伸ばしたが、後半へ入ると12番から4連続ボギー。さらに最終18番もボギーとして3バーディ、6ボギーの75、3つ落として通算6オーバーの51位タイに終わった。

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング