平塚新夢「かっこいい外国人に会えるから米国に行きたかった(笑)」

ParOn.(パーオン) / 2014年5月11日 18時45分

スコアを落としたものの逃げ切った平塚新夢さん 写真・IJGA

PGM世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会 決勝大会3日目(最終日)(5月11日、岐阜県・花の木GC、15-17歳男子6972ヤードほかカテゴリー別)

 元気者の平塚新夢(あむ、宮城・住吉中3年)が、2位に4打差をつける通算16オーバーの232で初優勝し、世界ジュニア代表を決めた。

「小学生のときからずっと挑戦(4回目)してきて、めちゃくちゃうれしいです。米国に行きたかったんです。この日のために頑張ってきたんです」

 さらに続けて理由を聞くと、

「外国人のかっこいい人が好きだから」

 と笑った。この日は「前半が全然だめだったけど、心の中で歌を歌って落ち着いていこうと思った」と、英国のボーイズバンドのワン・ダイレクションの歌を口ずさみながらプレーしたという。世界ジュニアについては、

「初めてなのでレベルが分からないけど、安定したゴルフをしたい。ショットの精度を上げて行きたい」

 といい、

「英語はハローぐらいしかできないけど(笑)、コースにかっこいい人がいるかな」

 と、ゴルフのほかにも楽しみにしていた。

※敬称略

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング