ブレンドン・トッドがツアー初優勝!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月19日 10時18分

混線を制してツアー初優勝を挙げたブレンドン・トッド HPバイロン・ネルソン選手権(2014)(最終日) 写真・Getty Images

HPバイロン・ネルソン選手権(5月15~18日、米国テキサス州・TPCフォーシーズンズリゾート、7166ヤード、パー70)

 現地時間18日に行われた大会最終日。2日目から首位に立ったブレンドン・トッドが66で回り、通算14アンダーでツアー初優勝。2打差の2位にはルイ・ウェストヘーゼン(南ア)が入った。

 トップから3打差に12人という混戦模様で迎えた最終日。通算10アンダーの首位タイでスタートしたブレンドン・トッドは、2番でバーディが先行すると、5番バーディ、9番、10番の連続バーディで抜けだし、4バーディ、ノーボギーの66、4つ伸ばして通算14アンダー、2位に2打差をつけてツアー初優勝を挙げた。

 トッドと並んで首位タイのルイ・ウェストヘーゼンは、3番でボギーが先行、7番バーディで取り戻すものの、10番、11番を連続ボギーとしたバックナインで4打落とし、1バーディ、5ボギーの74と崩れ、通算6アンダーの11位タイに沈んだ。

 2位に入ったのはマイク・ウィア(カナダ)。1、2番と4、5番の連続バーディで一気に13アンダーまで伸ばしたが、6番、9番のボギーで勢いはなくなり、通算12アンダーでホールアウト。首位には2打及ばなかった。

 3位タイにチャールズ・ハウエルIIIとマーク・レイシュマンの通算10アンダー。マーティン・カイマー(独)は通算3アンダーの29位タイ、ジョーダン・スピースは通算2アンダーの37位タイで終わった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング