A・スコットが初の1位に! ウッズはついに陥落

ParOn.(パーオン) / 2014年5月19日 17時40分

ついに世界1位へ上り詰めたアダム・スコット 写真・村上航

 18日付の最新ワールドランキングが発表され、アダム・スコット(オーストラリア)がタイガー・ウッズ(米国)を抜き、初の1位に輝いた。

 スコット、ウッズともに、前週のHPバイロン・ネルソン選手権への出場はなかったが、ランキングの算出方法により順位が入れ替わったもの。ウッズは3月のWGC-キャデラック選手権への出場を最後に戦列を離れており、2013年3月に返り咲いていた1位の座を、60週で譲ることとなった。また、オーストラリア勢の1位は1998年のグレッグ・ノーマン以来2人目。

 日本勢は、松山英樹は前週から一つ順位を下げて26位、小田孔明が81位、石川遼は86位。そのほか、自身初のナショナルオープン初優勝を果たしたミゲル・アンヘル・ヒメネスが、前週の34位から25位に浮上、HPバイロン・ネルソン選手権でツアー初優勝を決めたブレンドン・トッドが、前週の138位から63位にジャンプアップした。

※最新のランキングはコチラから↓↓↓
http://www.pargolf.co.jp/tour/ranking/world

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング