江澤亜弥です! 斉藤愛璃のソックリさんが本戦出場権奪取!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月20日 18時41分

斉藤愛璃にソックリ(!?)なルーキーの江澤亜弥 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(2014)(事前情報) 写真・村上航

 国内女子ツアー第12戦が23日、愛知県・中京GC石野Cで開幕する。火曜日のこの日、最後の出場権を懸けた主催者推薦選考会が行われ、5名の本戦進出者が決定した。

 選考会直後、通過者の喜びの声を聞こうと選手を直撃してみたが、ひと際目を引いた選手がいた。斉藤愛璃に“激似”で、チャーミングな笑顔の持ち主は、昨年プロテストに合格し、先月20歳になったばかりの江澤亜弥(えざわ・あや)だ。

「昨年プロになって初めての試合で、周りから斉藤さんに似ているといわれて、それ以来そういう風にいわれることが多いです。ご本人にはこの件で話をしたことはありませんが、似ていますかね?」

 はい、そっくりです。
 今年に入ってから主催者選考会は2回目。前回のスタジオアリス女子オープンでは通過できず、今回が初通過。高校2年生の時に推薦で出場したリゾートトラストレディス以来、レギュラーツアーは2回目の出場となる。

 そんな江澤だが、先週のステップ・アップ・ツアーでは初日に首位に立ち注目を集めた。結果は4位タイだったが、ルーキーシーズンを戦っていくうえで大きな収穫となった。

「今年はステップが主戦場になります。最終組という緊張感の中でプレーする経験ができてよかったです。これからのQTにつながるようなプレーをして、目標は来年のフル参戦です。とりあえず今週は自分のゴルフをして予選通過を目指して頑張ります」

 昨年の新人戦を制した藤田光里や、ステップ開幕戦覇者の鈴木愛らと仲がよく、同期の活躍も刺激になっている。目標の選手は宮里藍。「藍さんのような安定したゴルフがしたい」と笑顔一杯に話してくれた江澤。プロとして初めてのレギュラーの試合でも持ち前のスマイルでプレーすることができるか!?

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング