“イマ旬女子プロ2”豪打の印象が強い渡邉彩香の本音とは!?

ParOn.(パーオン) / 2014年5月21日 19時1分

渡邉彩香は全米女子に続き、今週、全英女子出場も決めることができるか? 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(2014)(事前情報) 写真・村上航

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(5月23~25日、愛知県・中京GC石野C、6459ヤード、パー72)

 3月のアクサレディス in MIYAZAKIで劇的チップインイーグルの末、ツアー初優勝を飾った渡邉彩香。その後も好調をキープし、現在の賞金ランキングは6位と、一気にスターダムにのし上がった。

 その渡邉の持ち味といえば、270ヤード級のドライバーだが、平均パット数も1位と好調。さらには、パー5のセカンドショットで大きな武器となる、今では珍しくなった3番アイアンも注目されている。

 そんな渡邉も、月曜日の全米女子オープン予選会を突破した一人で、初海外メジャーに向け早くも始動している。

「強く振ると球が高くなるので、なるべく低い球が打ちたいんです。3番アイアンは理想の弾道が出て好きなクラブですけど、もっと易しいユーティリティで理想の球が出れば、そういう方法もあると思っています」
 練習日のこの日は、契約先のブリヂストンスポーツのニュークラブをテスト。ユーティリティでも高さを打ち分ける豪快なショットを見せていた。

「今は17度のロフト角のユーティリティが気に入って入れていますが、コースのセッティングによっては高い球で上から落としたりと、打ち分けが必要になることもあります。いろいろと打って決めていきたいです」

 初メジャーでの戦いに向け、代名詞ともなった3番アイアンを抜く可能性もあるという。さらに今週終了時点で賞金ランキング5位までが全英リコー女子オープンへの出場が決まることもあり、現在6位の渡邉にとって大事な試合となる。

「ここは好きなコースですし、楽しみ。全英も出たいですが、まずは今週いい成績を残したいです」

 念願のメジャー出場を1週間で2試合も決めてしまうのか!? その勢いに注目だ。

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング