野村52位、有村93位、宮里美香119位、首位はC・マシュー

ParOn.(パーオン) / 2014年5月23日 10時44分

全英リコー女子オープンのメジャーを含む米ツアー4勝のベテラン、スコットランド出身のカトリオナ・マシュー エアバスLPGAクラシック(2014)(1日目) 写真・Getty Images

エアバスLPGAクラシック(5月22~25日、米国アラバマ州・RTJ Gトレイル マグノリアグローブ ザ・クロッシング、6532ヤード、パー72)

 現地時間22日に開幕したエアバスLPGAクラシック。初日はカトリオナ・マシュー(スコットランド)が、8アンダーで単独首位に立った。野村敏京は52位タイ、有村智恵は93位タイ、宮里美香は119位タイ。

 先週予選落ちを喫した野村敏京は、インからスタートし11番をバーディで先行。その後は13番バーディで14番ボギー、16番バーディのあと18番でボギーをたたくなど、スコアを伸ばし切れず、4バーディ、3ボギーの71、1アンダーの52位タイで初日を終えた。

 先週5試合ぶりに予選突破し、復調の兆しが見えた有村智恵は、1バーディ、2ボギーの73、1オーバーの93位タイとやや出遅れ、初日からの好スタートとはならず、2日目以降の巻き返しに期待。

 日本ツアー参戦で3試合ぶりの米女子ツアーとなった宮里美香は、1番でボギーが先行し、前半1オーバーで後半に入ると、10番からの3連続ボギーなど、3バーディ、6ボギーの75、3オーバーの119位タイと出遅れた。

 首位に立ったのはカトリオナ・マシュー(スコットランド)。インスタート12番でボギーが先行したが、続く13番でイーグルを奪うと波に乗り、17番から2番までの4連続バーディ、4番、5番の連続バーディなど、1イーグル、7バーディ、1ボギーの64で回り、8アンダーで2位に1打差をつけた。

 2位には、7アンダーのチャーリー・ハル(イングランド)が入り、6アンダーの3位タイには、スーザン・ペテルセン(ノルウェー)、ステーシー・ルイス、池恩熹(韓国)の3人が並んだ。

 なお、宮里藍、上原彩子は出場していない。

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング