【コメント集】平塚哲二 ショットはボチボチ、パッティングが入ればね

ParOn.(パーオン) / 2014年5月24日 18時0分

ショットはボチボチなのでパットが入れば優勝も見える平塚哲二 関西オープンゴルフ選手権競技(2014)(3日目) 写真・佐々木啓

関西オープンゴルフ選手権競技(5月22~25日、兵庫県・六甲CC、7037ヤード、パー72)

平塚哲二(2位、4バーディ、1ボギーの69、通算12アンダー)
「7番(パー3)で2メートル以上曲がる下りのラインをうまく入れられたり、前半はパッティングが良かったのですが、9番で右にプッシュアウトしてからまったくダメでしたね。ショットはボチボチなので、明日は頑張ります。パッティングが入ればね。最近、ずっとパッティングが良くないので……」

片岡大育(3位タイ、3バーディ、1ボギーの70、通算10アンダー)
「今日は出だしで緊張してしまって、ショットが左、左に行ってましたが、うまく修正できました。でもインでなかなかバーディが取れませんでした。(初優勝を)意識しなくても自然と意識してしまうと思います。前半しっかり頑張って、後半勝負をかけるところにいたいです。明日の目標は6つ(6アンダー)です」

矢野東(38位タイ、2バーディ、4ボギーの74、通算4アンダー)
「厳しい一日でした。でも、そんなに悪くはなかったんですけどね。ちょっとの違いです。簡単にいうとショットが振り遅れていました。フェアウエーからバーディチャンスにつけられなかったし、ショット自体、全体的に悪かった。ちょっとの違いだから、練習して明日頑張ります」

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング