成田美寿々、原江里菜ら5人の全英女子OP行きが決定!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月25日 19時16分

惜しくも優勝は逃したが全英リコー女子オープンの出場権を獲得した成田美寿々 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(2014)(最終日) 写真・村上航

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(5月23~25日、愛知県・中京GC石野C、6459ヤード、パー72)

 7月に開催される海外女子メジャーの全英リコー女子オープン。今大会終了時点の国内ツアー賞金ランキング5位までの選手が出場権を獲得した。

 切符を手にしたのは、1位のイ ボミ、2位のアン ソンジュ、3位の成田美寿々、4位のO.サタヤ、そして5位に入った原江里菜の5人。6月11日までにエントリーを済ませた上、7月4日までにこの5人から欠場者が出た場合は、6位以降の選手が繰り上がることになる(6位、渡邉彩香、7位一ノ瀬優希)。

 19日に全米女子オープン予選会をトップで通過した成田は、全米・全英両方に出るのが今年の目標と語り、有言実行。しかしこの日は、後半にスコアを崩して惜しくも優勝を逃し8位タイに終わり、気持ちを引き締めた。

「今日はグリーンが硬かったですけど、これくらいで対応できないと全英では戦えないので、これから対応したい」(成田)

 一方、2012年大会に有資格者の欠場が相次ぎ、繰り上げで初出場を果たした原。今回は自力での出場権獲得で喜びも大きく、前回出場時より上位を目指す。

「前回出たとき(39位タイ)は完全燃焼ではありませんでした。今回は、全然意味が違います。結果を意識した中で、どこまでやれるか楽しみです」(原)

 また、今大会で7位以内に入れば、出場のチャンスがあった一ノ瀬は、惜しくも12位タイに終わりランキング7位で出場を逃した。目標としていたメジャーだったが、やり切った充実感にあふれた。

「今日やるべきことはやれました。今日は60台で回ることが目標でしたので(結果は69)、残念ですが悔いはありません。いいゴルフができました。次の目標は今年の賞金ランキング5位以内。そうすれば来年の全米女子には出られますから」(一ノ瀬)

 すでに次なる目標を立てて、前を向く。

 今回決定した5人の動向だが、イとアンは出場に関しては正式に発表していないが、サタヤは出場が濃厚だ。

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング