福嶋晃子、ママとして初のツアー出場! 目標は70台と予選通過!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月28日 19時43分

1年7カ月ぶりにツアー復帰を果たす福嶋晃子 リゾートトラストレディス(2014)(事前情報) 写真・佐々木啓

リゾートトラストレディス(5月30~6月1日、兵庫県・関西GC、6459ヤード、パー72)

 ツアー24勝、海外ツアー2勝の実績を持つ福嶋晃子が、2012年の富士通レディース以来、1年7カ月ぶりにトーナメントに出場する。その間、妊娠、出産、子育てと人生の大きな節目をいくつも経験してきただけに、どのようなゴルフを見せてくれるのか注目が集まる。

「ラウンドは先月から始めましたが、急ピッチで仕上げました。2週前からよくなり始めて、飛距離も1クラブぐらい落ちる程度まで戻ってきましたね。ただ、それ以上にショートゲームの感触が意外によくて、けっこう救われています」

 3月のヨコハマタイヤ PRGRレディスカップと4月のスタジオアリス女子オープンには、ウエイティングでトーナメント会場にきていただけに、さすがにツアーの雰囲気に戸惑うことはない。むしろ、トレーニングをしっかりと積んだぶん、多少手応えもある。

「この試合を含めて、サントリーレディス、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント、日本女子プロゴルフ選手権の4試合が決まっています。それだけでシード権を取れるとは考えていませんが、中途半端な気持ちで会場には来ていません。出るからには、上位を狙っていきたい」

 と、秘かに闘志を燃やしている。初日はツアー初優勝を飾り、売り出し中の若手である飛ばし屋の渡邊彩香と同組でのラウンドになる。

「迷惑かけると思うけど、ちょっと楽しみですね。ただ、今回のテーマとして、振っちゃいけない、あえて距離を落とすというのがあるので、渡邊さんにつられないようにしないと」

 と、飛ばし合いには持ち込まないつもりだという。実際、今年に入って、カートでのラウンドばかりで、歩いて18ホール回っていないだけに、どれだけ疲れが影響するのか読めないところもある。まずは70台を目標としつつ、予選通過を狙うという福嶋。周囲には期待しないで、というものの、ママ初戦でどういうゴルフを見せるのか、やはり気になるのは仕方がないだろう。

文・山西英希

ParOn.(パーオン)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング