T・ウッズ、全米オープン欠場が決定

ParOn.(パーオン) / 2014年5月29日 10時57分

全米オープン欠場を表明したT・ウッズ 写真・Getty Images

 マスターズに続き、タイガー・ウッズが全米オープン(6月12~15日、米国ノースカロライナ州・パインハーストNo.2)欠場を、自身のウェブサイト(tigerwoods.com)で発表した。

「残念ながら、まだ試合でプレーできないので全米オープンに出場しません。大会開催に向けてリーダーシップを発揮している全米ゴルフ協会、ボランティア、そしてファンに私の残念な思いをお伝えしたい。私は会場のパインハーストには行けません」

 そう述べたウッズは、続けて、

「全米オープンは私にとって、とても重要な大会です。素晴らしい週になるのは分かっています。今季最初のメジャー2大会とほかの大切な試合を欠場したけれど、自身の今年と今後に関し、私はとても楽観しています」

 なお、ウッズがマスターズと全米オープンを続けて欠場するのは、1996年のプロ転向以降、初めてのこと。メジャー2大会連続欠場は、2011年の全米オープンと全英オープン欠場以来である。

文・秋山義和

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング