“新”小平智が誕生、生まれ変わって目指せ海外!

ParOn.(パーオン) / 2014年5月29日 20時50分

先輩から叱咤激励でようやく本来の実力を取り戻した小平智 ~全英への道~ミズノオープン(2014)(1日目) 写真・鈴木祥

~全英への道~ミズノオープン(5月29~6月1日、岡山県・JFE瀬戸内海GC、7382ヤード、パー72)

 昨年の日本ゴルフツアー選手権でツアー初優勝を挙げ、全英オープンにも出場した小平智。絶好のスタートを切りながらも夏以降は調子を落とし、賞金ランキングは12位に終わった。

「後半の大きな大会でどんどんランキング順位を抜かれてしまって。今までは調子が悪いと諦めてしまうこともあったり、イラッとすることもありましたが、関西オープン前に平塚(哲二)さんと(矢野)東さんと話す機会があって、『お前のゴルフはそんなもんじゃない! もっと集中しろ』と言われて。それから意識してやるようにしました。関西オープンでもできましたし、落ち着いてやれています。これまでは、『クラブを調整中だから』とか言っていて、甘かったですね」

 契約先のPRGRの大先輩から叱咤激励を受けて我に返り、ようやく本来の実力を取り戻した小平。

「先週ドライバーのロフトを9.5度から10.5度に替えました。ドライバーを不安なく気持ち良く打てるようになりました。全米オープン予選会から自分らしいゴルフが戻ってきて、体と感覚は合ってきています」

 最大の武器であるドライバーショットが返ってきたことによって、気持ちも前向きになり、今では全英オープン出場をハッキリと口にする。

「去年のリベンジがしたいです。全英出場に向けて一打一打こだわってやっていきたい」

 今大会の目標は4位以内。そしてマスターズ出場を目指し、世界ランキングを上げていくことに専念したいという。

「今年は米PGAツアーのQTも受ける予定ですし、この試合で調子が上がってきた。ちょうどいい時期になりました」

 誰もが認めるショットの迫力がひとたび戻れば、再度メジャー、そして海外も見えてくる。

文・高桑均

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング